アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

新しくも古典的アンドロイドもの『エクス・マキナ』

2017年05月02日(Tue) 23:05:02



 きっかけはアマゾンプライムだった……2月だったか、うっかり無料期間登録してしまい、解約の時期を気にしながらもまたまたうっかり期限を過ぎてしまい。だが、これは運命だったのだ。使用料を払ったからには元を取らねば、などというけち臭い根性でプライムビデオとやらをブラウズィングしていて、この美形の画像にくぎ付けになってしまったのが縁の始まり。 そして旅先でi-padで寝転んで見始めたら引き込まれて夜更かし、ショッキングな結末に震撼する。今では毎日ブルーレイで見たり聞いたりしながらの異空間浮遊体験を味わう日々である。もうすぐイギリスから音楽CDも届く筈……そのくらい、ここ数年での自分的大ヒットなのである。
 何がそんなに素晴らしいかというと、わたくしの感じ方では、まず広々とした空間の心地よさ。フィヨルドと褶曲という剥き出しの自然に現代建築が溶け込んでいる異空間。ここはセットではなく、ノルウェーにある実際のホテルと何とかいうハウスを使ったらしいので、いつか訪れてみる楽しみができた。
 二つ目は、音楽。もともといわゆる「環境音楽」が好きだ。それが、こたびは静謐な神秘の空間を描き出すメインテーマに背後からからめとられた感じ。ヒロインとでも呼ぶべき人工知能を搭載したアンドロイド「Avaエイヴァ」の在りようを見事に表現した音なのだった。ヤマト世代な諸兄にたとえて説明するなら妹「サーシア」のテーマに近いかも。火星の死せるサーシア登場のシーンを思い出して欲しい。氷のように透き通って、でも冷たすぎなくて、崇高で触れがたい感じ。
 そして、三つめはやはり核心・ストーリーである。ロボットが作り手の人間を凌駕するという古典SFのテーマは古いものではあるが、形を変えてサイコサスペンススリラーとなった。少しだけねたばれしていいかな?





 狂言回しであるプログラマーの青年ケイレブは、人工知能エイヴァとテスト会話を重ねるうち、次第にエイヴァを若い異性として認識するようになってゆく。人間の若い男と機械の人工知能との間に恋とでも言うべきたゆたいが生まれる。研究施設に閉じ込められた「彼女」の「ここから出して」という声なき悲鳴に同情し、ついに行動を起こしてしまう……
 結末は、予想のつくものである。だが、そこに至るまでの心理戦描写がみごと。脚本・監督のアレックス・ガーラントのことがもっと知りたくて、kindleで脚本を買ってしまった。半分まで読み終わったけど、こちらは映画に現れなかった氷山の海面下部分まで読めて更に楽しめる。また、聞き取れない台詞が文字で読めるから有難い。恥ずかしながら、dudeなんてコトバは今まで知らなかった。

 公開2015年か……こんなに凄い作品を一年半以上も知らないでいたのが勿体ない。特に16話のアナライザー好きなヒト、2199の9話に強烈に共感したヒトには今更でもお勧めである。2202第二章を待つ間にでも見てみて。
スポンサーサイト

嚆矢編ミテキタ

2017年03月06日(Mon) 23:45:29



 感想は……もやもや。
 『さらば』はリアルタイムでシブヤの東急ナントカで見た。悲しくて、ぼろぼろ泣いた。映画館出てからも嗚咽が止まらなかった。そう、悲しくて。
 わたくしとウェブ上親交があってご存知の方もいらっしゃる通り、それは、コドモの感性で悲しくて流したナミダであった。考えるとか疑問を持つとか、そういう段階ではなかったから。あれっ、と気づいたのは何年もたってからだ。今となっては大衆映画作品としてのあまりの完成度に騙されたという結論分析。だからもう、『さらば』は嫌いだし、騙されて流したナミダが悔しいのである。
 一方で(いまだに)さらばが大好き、好きすぎて宗教、なお方たちもいるらしい。それはそれで仕方ない。最高傑作と評するなら、わたくしには関係ない。
 なので(?)、こたびの2202は全く新しい2199の続きとして気楽に見られた。ただ、気になるのは雪の収まり方である。『さらば』の耐え忍ぶ、男に都合の良い女になってしまった雪にはうんざりだし、まさか今の時代にそういうつまらない女がまた出て来るとも思えないが、懸念はなくならない。ノラン・オシェット伍長に支えられて独りで戦った2199の雪なら率先して古代とともに宇宙の彼方へ出ていく筈、と思いたい。

 ところでぶっちーさんは今いずこ? 羽原さんというお方のことはよく知らないのだが、健闘しているように思った。出渕さんは2199の最後のコケ方が盛大だったから降ろされてしまったのだろうか??? 火中の栗を拾ってくれた功労者であることには変わりはない。その点には感謝している。

 さて、さらばヤマト2リメイクテレビシリーズは本当に2クール分の重厚な内容があるのだろうか。ヤマト2は無かったことにしたい派であるから、そこも懸念。
  でもね、見に行く前にアマゾン限定版頼んじゃったよ(笑)見届けるのがファンの務めであろう。

いよいよ今週末上映

2017年02月21日(Tue) 10:28:33



 ミンナサンのうちの何人かと、わたくし的には気の重い作品がいよいよ今週末から上映であるな。またピカデリーの熱い日々が戻ってくると思うとわくわくもするけど、果たして手放しで熱くなれるものかどうか。そもそも『さらば』がオトナになってからの再考で子供だましだったと結論、裏切られた作品である。それに古代と雪がもういい感じになっちゃって萌え点は通りこしてしまっているので見る側は灰とCO2。
 ま、見届けはするんだけどね。

 ついでに、キーマン(笑)が出て来たところで、出番取るな+ガミラスなのに何で英語起源のネーミング??? な感想。今後があるなら、アルフォン少尉再出演の線は消えたかも。

ウェブサイト技術的終了のおしらせ

2017年01月30日(Mon) 11:48:45

 アルフォン少尉の館・別荘とも、ジュピターテレコムのウェブスペースサービスが終了とのことで、31日を以て消える模様。まあ、元のページはこちらのウィンドウズXPに保存してあるわけだが、こちらももうサポート終了なので怖くてウェブにはつなげない。手作業でやる気があるなら……復活させないこともないけど、今のところ情熱もないので、ひとまず裏口から入って来てくれていたお客様、さようなら。有難うございました。昨日までに222ページ分のバックアップは取った。まー、書きも書いたり。これだけのことを商業的にやってたら今頃左団扇だろうになーなどとアホなことを考える。(笑)
 ウェブサイトは手軽な一方、第三者の意思でどうにもならないことがあるからね。とりあえずブログはまだ残るよ。FC2は優秀だね。

承前・白い花から

2016年12月13日(Tue) 10:33:23

 引き続き。taraoさま有難うございます。  



 このあとは記事広告下の「続きを読む」からどうぞ。

反響アリガトー

2016年12月13日(Tue) 10:06:14

 ……というわけで、tarao hugutaさまのお陰で初めてゲームプレイ動画を見られた方から反響頂き、便乗して貼っておくことに。そこは「アルフォン少尉の館」のことであるから、関連ある地球サイドの物語だけ頂くことにする。もちろん艦隊戦もすごいのだけど、そちらが見たいヒトはYouTubeのサイトに行って見てくれたまえ。
 以下、暗黒三部作の第二巻『暗黒星団帝国の逆襲』の冒頭、いよいよ雪が命令書を持って古代に会いに行くところからだ。そのあと雪が館で目を覚ますまでと古野間の戦いは「続きを見る」にまとめておくことにする。
 昔ねー、ゲーム超入門者で、難しくて怖くて泣きながらやった時も記録に残したいから自分のは撮ってある……VHSビデオで(爆
 なので、こんなに効率よく見られるのはひたすらtaraoさんのお陰様なのである。有難うございます。

PS2三部作ふたたび

2016年12月12日(Mon) 00:51:51



 ミンナサン久しぶり~。こういう時は久しぶりだねヤマトの諸君、とか言うべき? いえいえ、デスラースキーというわけではないので。
 さて、つい一昨日のことだが、何故か思い立つきっかけがあって「アルフォン少尉」をYouTubeで検索したのである。というのも、2015年末から携帯電話会社の勧めでタブレットを持たされることになり、それによりワカモノちっくに寝ながら動画を見るという習慣ができてしまったからだ。それ以前は2199をテレビモニターで見ながら寝落ちするのがほぼ常だったのだが……遅ればせながらYouTubeの双璧・ヒカキンさんとはじめしゃちょーも今更知ることになった。そして、新聞がそうであるように、これはいずれテレビ番組自体消滅するであろうなと思ったのだった。技術革新によりメディアそのものが変わっていくのである。
 それで、懐かしいものがなにか上がっているかな、などと「いたづらに」(笑)検索してみたのだと思う。そうしたら……!
 当アルフォン少尉の館建設の契機となったゲームのプレイ動画が!! それも、こんなに上手なプレイで効率よくまとめられて!! いやはや、きっとお若い方だと思うのだが、流石ゲーム慣れしていらっしゃる。艦隊戦でA判定なんてわたくしには全然出せなかった。良くてCであったなあ。それに、「白い花」のくだりでは、わたくしの雪が何度死んだことか……懐かしく思い出した。宮川先生のではない余りできの宜しくないゲーム音楽もそれなりに懐かしく、11年前のことを思い出した。日付を見ると、ごく最近アップロードされているではないか。taraoさま有難うございます有難うございます、である。
 この11年の間に色んなことがあった。アルフォン声優野沢の逝去、数年に及んだ2199フィーバー、技術的理由での館の閉鎖――尤も、検索すると館の寝室が一番上に出てくるのは、わりあい多くのヒトがいまだに裏口から入って来て読んでいるということかいな(苦笑)。それはそれで有難いが。

 で、もうすぐさらばのリメイクが公開だって? フィーバー時代に登録してメルマガ取ってはいるが、実はもう読んでないので、ネット情報小耳にはさみわりと最近知った。やる以上はまた付き合うけど、2199が最後でこけたので期待はしていない。
 それより今はゲーム暗黒三部作が懐かしいレトロスペクティブ期である。この調子で二重銀河の崩壊最後まで行ってクダサイ! 最後まで行かなくても、せめてアルフォンが昇天するまで。

狂気

2016年03月24日(Thu) 11:46:35

ミンナサンしばらく。今、西崎斬り真っただ中。一ファンの感想として……面白いぞ。いろいろな意味で。よくぞ書いてくれました。感想は後ほどね。

星めぐる

2014年12月16日(Tue) 22:42:18


 まだ見てる人イマスカ? (爆
 追憶の航海は結局見る気もなく行かなかったけど、コメンタリーには興味あったので買ったよ。
 で、初日に『星巡る方舟』見てキタ……まあねえ。やはりオールドファンなので、気にはなるわけよ。感想、は…… 1エピソードに過ぎなかった、スケールが小さかった、とまあそれだけ。『さらば』に続けるための話ということかな。

ウェブリング脱退

2014年04月03日(Thu) 11:40:13


 別荘ウェブリング脱退。

「2014年4月ウィンドウズXPサポート終了に伴い、大幅なサイト工事を余儀なくされております。サーバー移転も考えられますので、技術的な事由によりこの際ウェブリングを脱退致します。御好意賜りました皆様に御礼申し上げます。」

 というわけだ。他意はない。ひさーしぶりにビルダーの入っているパソコンを開けて、まず動くことに一安心。今のうちに今のうちに、と焦って最低限の工事。まあーリンク切れの多いこと(ヒトゴト)。スマン。

 そもそもヤマトファンみんなで楽しく的リングなどに興味は無かったんだけど、アルフォン少尉に対する誤解無理解嫌悪感に触れるにつけ腹が立っていたわけですな。当時。「地球の恩人・帝国の売国奴=アルフォン少尉を悼む記念館。倫理思想・音楽面から鎮魂致します。」カタキにも弔いを。そういうつもりのウェブサイトであった。当初ぴったり100番で登録だったけど、その後のリング整理で38番になり。奇しくも現在100番が最後らしいね。

 ぶっちーさんが『永遠に』まで2199の延長線上でやってくれるならサイト再開ということもあるが、今のところ情熱がないので引き続き放置。ばっははーい。