アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめコミックス17出たよ。

2007年02月25日(Sun) 18:00:25

 書店に寄ったら最新刊17が出てた。やったあ。
とはいえわしは希臘語が佳境でなー・・・・・・


スポンサーサイト

鍵盤バッグ

2007年02月17日(Sat) 20:16:27




 のだめアニメーション見てるかい? 深夜なのでリアルタイムでは見ていないけど、今のところ全部録画上手く行ってる。ちょっとのだめ声優がイメージ違うけど(てゆか上野樹里がはまり役過ぎたんだけど)、千秋はいいね。
 別荘がアフィリエイト承認されたのでとりあえず音楽関係のところに貼りまくってる。お子さんのヤノピのおけいことかにどぞ。

茂木頑張れ。

2007年02月17日(Sat) 00:13:24

 茂木さんの言葉から引用。

「ボクは自分の人生にしかベストは尽くせないし、それを世間がどう誤読しようが、どんな風に受け止めようが、それはボクのコントロールできることじゃないから、勝手にすれば良いと思う。
 それに、自分が正しいと思う方向にがんばっていれば、支持してくれる人は必ず現れてくるものである。」(クオリア日記「君たちがなしとげたこと」よりhttp://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2007/02/post_8e91.html)

 まあ、あれだけの人になると色々と世間の風当たりも強かろう。くだらないことに振り回されるほどヤワな人ではないと思うが、こういう言葉が出て来るってことは、やっぱり何か不具合があるのだろうな。

 因みに、わたくしの古典ギリシア語勉強の進み具合は、まだ二日目だからどうということもないが、予定通りだ。やっぱり単語カードが一番だね。ブーレウオー。

ギリシア的愛

2007年02月14日(Wed) 22:10:04

バレンタインの今日自分に買った本。先日当たった仏語クイズ景品図書カード(いやいやほんの500円分だよ)たしにして。今頃またぞろ「入門」買ってるということは程度が知れるでしょ。古臭い教科書 一回やって挫折してるのさ。馬鹿なんだよ馬鹿。お陰で今でもIt's Greek to meそのままさ。

 若い人に再び言いたい。人文系の人は是非とも学部一年生のうちに苦労してやっとけ。歳取るごとにこういう身体的鍛錬は入って来辛くなるから。

 それで、またしてもウェブ宣言してしまおう。全24課、三月末日までに一通りやるぞ。マスターとは行かないまでも。昔ギリシア旅行行く前にエクスプレス現代ギリシア語は20課20日で何とか詰め込んで旅立ったんだ。若かったからね。
 で、今回古典語再挑戦して駄目だったらわしを思いっきり笑っていいぞ諸君。馬鹿なんだからさ。これ以上馬鹿にはならないと思う(は?)。

 因みに、諸君もよく耳にするであろうエロという言葉は勿論ギリシア語のエロースから来ている。これは価値のある高次のものへと向かう憧憬の愛である。プラトーンの『饗宴』『ファイドロス』で師ソークラテースの口を借りて神話的に非常に美しく語られる。また、古代ギリシアに於ける愛はエロースだけではなくて、親愛とか友愛とか訳すしか致し方ないフィリア、価値の低いものへと垂れてゆく無償のアガペー、などと、色々あるんだ。だからね、せめて館の読者のヒトは本来の意味を踏まえて使ってくれ。そういう本来の意味でエロ小説と呼ばれる分には満足だ。アルフォン少尉の物語は、下劣に消費されるために書いたのではないから。

 ぢゃ。ひみつ基地

バレンタイン特別ニュース

2007年02月14日(Wed) 10:13:56

 昨夜、夢のお陰でかなり久しぶりに「アルフォン少尉」で検索していて、凄いものを発見してしまった。そこへ至るまでに地雷踏んで不細工アルフォン少尉の絵とかにも当たっちゃったりしたけど、まあ最後まで検索リスト見て良かったということかなあ(検索終了後ディスククリーンアップしたのは言うまでもない)。
 因みに検索一位に館、二位に別荘が出て来るのは殿堂入りしたという勲章で。有難いお言葉沢山スパスィーバ・ザ・コンプリミェント。放置していてスマン。
 数寄者はひとまずここ行ってみ。アルフォン×雪萌えのヒトは館だけにいるのではないということですな。わたくしはもう飽きたから全部は読まないけど。それどころじゃないんだ。勉強しないと馬鹿になる。てゆか既に馬鹿。

 ぢゃ。ひみつ基地

ヤマトよ永遠に続編?

2007年02月13日(Tue) 20:49:46

 とまあ、勉強を再開してほぼ二十日。相当エネルギーを使っていたのだと今更思うよ。だって、本読みしている時、横たわらないと駄目なんだ。疲れて疲れて。昔は若いから一日じゅう机にかじりつくことが出来たんだなあと痛感。お勉強ウェブログは別のところに開いたのでここではもう語るまい。探さないでくれ。勝手に勉強してくるから。そうなんだよ。こんなにも読んでない古典が沢山あったんだよ。命が尽きるまでに間に合わせたい。せめて自分の寿命には。

 それで、今日は夢の報告だけしとく。何と、『ヤマトよ永遠に』はオフィシャル続編ができるそうな(注:夢でだよ)。アルフォン少尉は何故かメルダーズとかと同じスキンヘッド(ぷっ)、スカルダートをあの野沢声で「おとうさんっ!」と呼んでいた。こんな容姿でも雪とはいい雰囲気になっている。んー、わたくしはスキンヘッドは厭だなあ。自分もしたくないし。

 ぢゃ。ひみつ基地

戦場へ

2007年02月02日(Fri) 21:33:43

 どうやら、戦場へ戻る時が来たようである。

「正常な状態とは、戦争のことである。われわれは、一定の時限だけ、平和を結ぶにすぎないのである。」(F.W.Nietzsche)

緊急告知

2007年02月01日(Thu) 20:16:09


 余りこことは関係ないが、また唐突だが、こういうものを見つけた以上放っておけない。慈善事業などという甘っちょろい気持ちでやるわけではない。やりたいからやる。本来のvolunteerという言葉通りに。共感する人はひとつ宜しく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。