アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

完走

2007年03月30日(Fri) 23:29:53

 宣言の古典ギリシア語入門、24日には予定通り全て終了した。ひとまず、やれやれというところ。ただ、これは題目の通り「入門」であって、文法を駆使して古典の原文を読み込んでいくのはこれからなのだ。まだ扉を開けてさえいない。厳密には入門以前である。

 古典ギリシア語でほかのヨーロッパ諸言語と顕著に違うのは「アオリスト」という時制/アスペクトの項目があることと、能動・受動のほかに「中動相」というものがあること。初めのうちは戸惑ったけど、一度解ってしまうと、むしろ近代語で何故これらが消えてしまったんだろうかと思ったりする。

 かの地の人々は考えるための言語を持った驚異的な民族だったのだとしみじみ感じる春である。近代人はあの高みへともう一度至ることなどできないのかも知れない。ヤスパースもそんなこと言ってたんじゃなかったっけ?

 ついでに日本語は、使い方によっては美しいとは思うけど、考える言語ではないね。
スポンサーサイト

銀座席捲帝都物語再び

2007年03月23日(Fri) 20:54:27




 ヤな話晒しとくのもアレなのでうさぎいぬに清めてもらおう。

 「リサとガスパール&ペネロペ展」松屋銀座にて3/26(月)まで絶賛開催中。着ぐるみ握手会あった日のレポートはひみつ基地WEBに載せてあるが、あと三日だからそんなの見てる暇あったら割引券もらって今からでも行け。割引券

 今回は過去最大規模の120点余りの原画が来ている。大阪梅田阪急本店でさえ60点余りだったので倍だ。物販スペースがまた凄い。今出回っているものでないものは無いんじゃないかな。会場限定品と先行販売品もあるからコアなファンにはたまらない。

 で、二回目行って来たわたくしの二回目の戦利品はハレンスレーベンの"Le petit chaperon rouge"(赤頭巾ちゃん)である。初回時は買い物が多過ぎ、持ち切れなかった笑。これ2006年9月にガリマールから出たばかりで当然翻訳は無い。超レア!
 自分的に嬉しいのは、きちんとシャルル・ペローの原典が生かされていたことだ。赤頭巾は狼に食べられて終わる。こうでなくちゃね。漁師が助けに来てくれましためでたしめでたし、ではないのである。ペロー童話には最後に必ず教訓moraliteが書いてあるのだが、ハレンスレーベンの絵本も例外でなかった。

 というわけで、銀座へ行ける人は行こう。土日は超混雑するが最終日の午前中だったら多分何とかなるぞ。デメルhttp://www.demel.at/frames/index_demel.htmの特製ケーキも欲しい人は先に地下の売り場で頼んでおいて、帰りまで預かってもらおう。一日限定数台だからすぐ売り切れてしまうのだ。流石に高級店だけあって店員が礼儀正しいのに感心した。

業務連絡その2

2007年03月21日(Wed) 18:31:19

 なんか誤解みたいでスマンな。宮川先生の命日だというのにつまらん業務連絡である。

2007年03月20日(Tue) 00:12:32


 中 勘助 という人、凄い人である。館主プロフィルのページでも書いたが、まずは『銀の匙』を読まれたし。美しく純粋な子供時代の回想。夏目漱石が絶賛したのも頷ける。
 ところが! そのあと『犬』を読んでみたまえ。これが同じ作者か? と驚愕すること間違いなし。

 山籠りで東洋思想にとても久しぶりに触れたお陰で、中の著作も読みたくなって、読み返してみた。そうしたら、2005年春先に書いた一連のアルフォン少尉官能小説にシチュエーションが似ていて(いや逆なんだよ。わたくしが似てしまったのだ)・・・・・・つまり、わたくしがいかに中に影響を強く受けていたかということなのだ。
 抗い難い愛欲に負ける行者。中は、人間の浅ましさ、いぎたなさを、これでもかこれでもかと見せつける。漱石の弟子筋にあたる人ながら、また、日本文学史上漱石ほどの評価でないながら、個人的には中の方こそ最高峰だと感じている。

 ダイバダッタの生涯をもとにした『提婆達多(でいばだった)』も『犬』に並ぶ力作だと思う。残念だけど今アマゾンでは中古しかなさそうだ。こういう本を絶版にする社会はやっぱり駄目だよ。

業務連絡

2007年03月18日(Sun) 22:43:51

 スマン。折角教えてくれたアドレス、地雷だった。これからはうっかりURL踏まないように気をつけなくちゃ。

 座禅やり直そ。ひみつ基地

そういえば

2007年03月11日(Sun) 22:56:20

 などと呑気なことを言っていてよいのか? 魂の師宮川泰の追悼コンサート当日である。わたくしは先日旅立った恩師を偲んで暫く山篭りするので、このところ余り音楽的な気分ではなく、勿論都合もつかなかったわけだが。
 様子を教えてくれ。こちらで。http://www.miyagawa-world.jp/

ショータイム

2007年03月09日(Fri) 18:50:37


 『THEビッグ・オー』の1st、2ndシーズンコンプリートが豪華なboxで特典色々つき。4月に出るのを予約してくれ。これは3rdシーズンへの胎動なんだろうか。

 昨今アニマックスで(時々)懐かしく見ていた(ビデオは録ってあるから時々なのだ)。あの特徴的なウルトラマン風のオープニングでなくなっていたのに驚く。これはやっぱり買わねばならんか? もう随分前の作品になってしまったが、全く色褪せないスタイリッシュな作品である。ヤマトI以降の製作者たちに爪の××を煎じて飲めと言っても、もうこういうものは作れんだろうなあ。

四十九日

2007年03月08日(Thu) 22:38:17

 どうしてもその霊山が呼んでいるように思えた。これまで全く縁もゆかりも無かったのに、行きたくなったのだ。

 ω οια κεφαλη, και εγκεφαλον ουκ εχει.

 ps ビソコさん有難う。館の掃除していて、今頃気づいた。素晴らしい作品・・・・・・

大金持ちになってやる宣言だ。

2007年03月02日(Fri) 21:42:33


 折角新刊でて目出度かったのに昨夜分のアニメーション、なんと放送15分遅れで後半見逃したっ!

んもう!(by雪@コスモナイト探索中)

 ところで、そのビデオに前半映ってたのが、処分される運命の犬を引き取るボランティア活動家のニュースである。のだめ映ってるかどうか見るためにビデオ早回ししていたのだが、思わずそこで再生した。先日来ここにも貼っている「いつでも里親募集中」と関係あり。ずっと気になっていたんだけど、弱気になっちゃいかんと思うので、宣言してしまおう。

 人間の勝手で殺される犬をなくすために、わたくし施設を作る。そのために億万長者になるぞ。かつてシュリーマンが古代への情熱ゆえにトロヤ遺跡発掘資金を稼いだように、大金持ちになってやる。別に立派な人道心のゆえにではなく、厭なんだよ犬が殺されるのが。ただ厭なだけ。


中間地点バラン星

2007年03月02日(Fri) 00:17:38

 オベンキョー具合などミンナサンにはどうでもいいことだと思うが、ここは自分ちなのでやっぱり書いとこう。宣言した古典ギリシア語独習、わりと順調に予定通り半分まで行った。24課中の12課まで単語カード作って毎日歩きながら覚えている。今更だけど、やはり欧語の源流だなーと思ってしまうのだ。日々、腑に落ちるところがあって気持ちいいのだ。もっと早く取り掛かれば良かった。
 さて、こちらは新たに買った本。例文が全て原典から引いてあるので暗唱用にいいし、練習問題も豊富。明日から副読本にしようと思う。