アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

氷魔術なヒト

2008年01月28日(Mon) 17:35:20

 さて、冒険は続いている。なんと、アルフォンは31歳になったぞ。

「氷魔術初級者・アルフォン・デザリアム
年齢 : 31歳
性別 : 男
出身地 : 都会
出身家 : デザリアム
冒険者になる前の生活 : 学者
冒険者になったきっかけ : 運命に導かれて
筋力 / 84 耐久 / 110
敏捷 / 129 器用 / 106
知力 / 167 魔力 / 190
感応 / 135 運勢 / 48
金銭欲 : 皆無
名誉欲 : 皆無
正義感 : 普通
緊張感 : 旺盛
克己心 : 旺盛
情熱 : 1231
武器 : 杖 」

ですって。魔力がちょー高くなっているが、相変わらず運勢には恵まれないのう。
スポンサーサイト

RPG初めてヤテミタ

2008年01月16日(Wed) 20:20:55

 とゆことで早速やってみました紗月さん!

なにしろ時間が足りなくて、大好きなRPGをしなくなって久しい。“アクション”とついたらダメ(笑)ウィザードリーに代表されるようなああいうRPGが好き。なんて言いながらウィザードリーは暗くてイマイチ。ファイナルファンタジーシリーズが好きで、確か「4」まではやり込みました。某国までファミコンと変圧プラグを持ち込み、「3」は孤独な生活の中でものすごく嵌ったっけ。それがプレステとPC版になって以来、RPGから離れてし...
ものぐさ向けRPG



 本日初日、都会のアルフォンは勝利をおさめて帰ってきた。因みに、初期設定は

「都会のアルフォン・デザリアム
年齢 : 30歳
性別 : 男
出身地 : 都会
出身家 : デザリアム
冒険者になる前の生活 : 学者
冒険者になったきっかけ : 運命に導かれて
筋力 / 80 耐久 / 92
敏捷 / 92 器用 / 91
知力 / 139 魔力 / 140
感応 / 99 運勢 / 25
金銭欲 : 皆無
名誉欲 : 皆無
正義感 : 普通
緊張感 : 旺盛
克己心 : 旺盛
情熱 : 1000
武器 : 杖 」

だったのが、

「冒険成功!!
報酬として金貨 300 枚を受け取った。
『とても質の悪い指輪』を手に入れた。
敏捷 が 3 増加した。
器用 が 2 増加した。
耐久 が 1 増加した。
感応 が 3 増加した。
知力 が 3 増加した。
魔力 が 5 増加した。
『駆け出しのアルフォン』と呼ばれるようになった。」

になったんだって。

 わたくしはそもそもRPGやったことがない。いや、『暗黒星団帝国の逆襲』もこのカテゴリーに入るのか?
 で、いわゆる冒険譚の過程を見てみたのは初めてで、なかなか面白かったぞ。

 紗月さん情報アリガトー! 著作権の問題もあると思うので、結果だけ、たまーに屋根裏で発表しようと思うぞ。

 ちょっとアレなのは年齢設定が最高齢でも30歳なところだ。んー、物語の主人公には中年壮年は向かないのかのう。35くらいにしたかったのだが。。。つまり、製作者がプレイヤーの年齢層を30までと思ってるわけだね。それもちとびみょー。

The Golden Lore

自己管理じゅつ

2008年01月14日(Mon) 20:42:27

 特別スケートが好きというわけでもないが、今まおちゃんのスベリを見るともなく見ておった。お衣裳も青くて綺麗で、なんとなく17歳さーしゃーな感じデスな。これだけ動いていると絶対太る暇が無い。
 しかしまあ、この姉妹を見ていると一体どういう親よと思ってしまう。相当のカネモチだね。リンク代にコーチ代が相当かかるんだよこの種目は。

 さて、今日はわたくし契約先のひとつへミーティングに行っていた。そこでのエライヒトの話でもアピアランスの大切さを説いていた。平たく言うと「デブは採用しない」ということであった。やっぱりな。採ってしまった後デブになったヒトは「いつまでに痩せる」と約束させたそうだ。結局な、世間的にも「自己管理ができない者は仕事のできない者」なのだ。

 体質はあるだろうけど、ひとたびビジネスでハイクラスの取引をしたいなら四の五の言ってられないんである。耳が痛く、かつ聞く耳のあるヒトは聞け。メタボリックなことにいちいち言い訳をするな。



1 まず、基本は薬品を使ってでも排出すること。水は一日2リットルを数回に分けて飲め。喉が渇いてからでは遅い。
2 バランスの良い食事を少しだけ。脂肪をエネルギーに変えるためにはアミノ酸とかビタミン類が必要だ。夜8時以降は何も食べるな。アルコールは危ない。
3 運動をしろ。日常生活で使用する筋肉は非常に偏っている。全身を使うような運動が血行を促進する。それが難しいなら、せめて腹筋運動一日30回をノルマにしよう。ヲタク的メタボリックな腹には効くぞ。



 まあ、それぞれ好みはあるだろうからデブが好きならそれはそれで構わないけど。わたくしは遠慮しときマス。



 因みに昔滞仏中に好んでいたのがバドワだ。癖があるのでいっぱんてきニホンジンには人気が無いらしい。けどわたくしはしゅき。やっぱり輸入すると高いっす。

ぷちヤノピ萌え

2008年01月11日(Fri) 23:51:02

のだめカンタービレ19巻より「こんなこともあろうかと」
 二ノ宮もヤマトを当然古典として扱っておったか。これはのだめコミックス19巻で峰パパが息子をパリに行かせてやるために桃ケ丘信用金庫の貯金通帳と印鑑を差し出す場面である! 読みたいヒトは屋根裏から買ってね。

さて、今日はこげなもの買ってしもたー。大ハズレ、てゆかCDに期待したわたくしが馬鹿でした。楽譜はまあ、さらっと見ればまがい物だということが判るわけデスよ。本物を弾きたければそれ用の楽譜をちゃんとした楽器店で探せばいいんだけど、お手軽に本屋に並んでいたからさ。そのー、あれだ。CDがオーケストラのカラオケだと書いてあるからちと引っかかってしまってな。やっぱり協奏曲ぽく弾くというのは気持ちいいだろうなあと妄想して、聴いてみたら・・・・・・なんデスかこりはーっ。シンセサイザーの? オケストラもどき。まあいいや。

 それで、ほかにも色々な種類ののだめ楽譜が並んでいてびっくりしちゃったー。お子ちゃま向けの音符の大きな超入門版とか、ショパン編CDつき、ベートーベン編CDつき、モーツァルト編CDつき、それとソルフェージュみたいなレッスン編、フランス編はおまけつき?! なんか楽譜というより付加価値が目当てで欲しくなっちゃうよ。

ちょっとエコで一石二鳥

2008年01月11日(Fri) 21:21:42

 さて、ミンナサンの御宅にはいらない古タオルとか毛布とかタオルケットとかあるかい? もし処分にお困りなら盲導犬協会に送ってやってくれ。勿論送料はこちらもちになるし、本来的volunteerでないならお勧めはしない。各自のご厚意によりけりだ。

 以前ホームページで告知があって、大量に送った。仔犬が産まれる時や訓練センターの犬舎掃除に使うのだそうだ。最近はもうサイトに出ていないので足りてるのかなと思ったりして、一応問合せると歓迎とのこと。今回はご丁寧にお礼状が来た。こんなことしてくれなくていいのに。

 わたくしはな、別に世のため人のためなどとはこれっぽっちも思っていない。ただ、イエローラブラドルが無邪気に走り回ってる光景が壮観で、胸の空く思いがするから、何かしてやりたいと感じるだけだ。自分が気持ちいいからやっているだけだ。こんなのはエラくも何ともない。

 倫理(学)では、「他人が喜んでくれると嬉しいんです」などという立場を評価することはあまりない。その喜んでいる他人を見ることが、当人にとって快楽になっているからである。それは充分に報酬なのである。・・・・・・こういうハナシをしてイヤーな気持ちになったヒトは屋根裏で躓いてもただでは起きないで、ついでにちょっと考えてみような。

 もし他人に好意で施しをして、その人が喜ばず、反ってあなたを憎んだとしよう。それでもその人のためになっていたら、その人の仕打ちにあなたは怒るだろうか。それとも自己の行いに満足するだろうか。

 ともあれ、本当に捨てるのが勿体無い、と思うなら身銭を切ってでも有効な処理方法を考えよう。
 ついでに興味がある人はこちらも見てくれ。→

ようこそヘンタイの杜へ

2008年01月08日(Tue) 23:34:35

 ここ数日たてこんでいてな。何と、わたくしのだめinヨーロッパ第二夜、見ながら寝てしまったぁぁぁぁ! 不覚。を疲れー。それでまがりなりにも録画していて良かった。後から暇をみつけてちまちま見つつ、感慨深し。

 あのホタルのだめはまことに身につまされた。わたくしの修行時代そのものである。周りに居る人たちは誰も彼ももの凄いインテリジェンスで、全くついて行けなくて、何か一言でも言おうものなら自分の馬鹿さ加減がたちどころに自分に判ってしまうのである。誰よりも自分にね。

 英語、ドイツ語、フランス語はできて当たり前だ。だってそれが最低限の道具だから。なのに、90分の演習で10ページ進むとすると、その予習をするのに(自分には)5倍くらいの膨大な時間がかかってしまった。単語。構文。そしてそれ以上に思想家の言わんとする真意。そういう演習が週15こまだったっけ? 一所懸命準備をしても、いざその時間になると穴を指摘されまくりボロボロ。全方位論敵である。こちらに一点でも隙があればそこを問いただされるのだ。先生も先輩も容赦なく「無知蒙昧」と断罪する。悪意が無くても、自分の愚かさを日々、一瞬一刻、浮き彫りにされるのは精神的拷問であった。結局ビョーキになってしまった。何とか学位は取ったが・・・・・・

 でも、それでいいのかも知れない。挫折を知らずにできてしまっていたら、今頃ルサンチマンで相当イヤな人間になっていたような気がする。本当に才能のある人はそうはならないで、「楽しいからやっていた」結果、大成してしまうものだ。わたくしの場合は才能が無かったので、サリエリみたいになっていたことだろう。分を知る、ということを学んだのが、わたくしの最大の収穫だったのかも知れない。世の中にはこんなに頭のいい人たちが居て、自分がその空間に居合わせられたのは、何かの間違いだったにせよ幸運だったのだ。

 さて、話は戻るけど、のだめは見事に立ち直る。天才だからね。そして掴んだチャンス。そうなんだよねーチャンス。幸運の女神には前髪しかない、という例文がラテン語の教科書に載っていたよなー(あ、ついでに報告。1/6に予定通りラテン語エクスプレスコンプリしたぞ)。その前髪を掴まないと後ろ側には髪が生えていないそうである。のだめも千秋もうまくチャンスに恵まれた。才能があって努力してもチャンスが無いとね。こういう時、やはり学芸を庇護するパトロンの存在を大変有難く思う。

 モーツァルト狂城主がダニエル・カールさん、執事がジローラモさんなんてオールスターキャストで笑っちゃったー。本物のお城も楽しんだし、扮装も楽しんだし、いつまでも見ていたいと感じた。しかしここで千秋がぶっちゅーする必然性は無かったような気がするな。

 原作では中国人留学生のユンロンが出てくるが、黒木くんに役割交代させて解り易くすっきりと。千秋のデビュー曲もほんとはシベリウスだったけど、一度やったブラームスに差し替えてまた解り易く。

 はあ。久しぶりに楽器に触りたくなりましただ。今すごく弾きたい曲はない。ただ、機械になりたい。正確無比の技術を音楽の「前提として」得たい。a bit of アンディー・ウォーホルの心境かも。自由になるのはその後にしかあり得ない。

 続きはあるのかな? などとフジテレビに期待してみる。因みに、孫ルイがステージママを千秋に紹介する場面はフジテレビのお隣さん、グランパシフィックメリディアン1階の大ホワイエだ。奥に夏リサとガスパールのデザートプレートイベントやった「エルベット」が見えたよ。ってまた話がそっちに行くかー!!

ぎゃぼーほぼプラハ編

2008年01月05日(Sat) 00:26:07

 面白かったデスねー。てゆか相当金かかってるよこれ。ホール借りきり、ホテル借りきり、駅でロケ、欧人エキストラ数十人、中には本当に演奏ができたり芝居ができたりするギャラの高いヒトビトも居たわけだし。むう。流石ウゴウゴルーガなフジテレビぢゃ。
 ベッキーターニャとの出会い場面がのだめとの出会いを下敷きにしていて面白かった。これはコミックの方ではあったんだっけ? 無いような気がするけど。

 さて、第一夜の見所はやはり指揮コンクールであったな。かなりの時間を演奏に充てて丁寧に描いていた。その大変さ、厳密さがよく伝わって来た。
 実はわたくしマイ指揮棒を持っているんである。いやいや指揮者になろうとか思ったことなど全く無くて、身内からただお下がりを玩具に貰っただけなんである。むしろ指揮者がエライなどとは今でも思ってない。その故かえってこんな風に苦労を語られてしまうとしみじみするわけよ。
 まあ、伊達に音楽と(やや)関わってきたわけでもなく、玉木くんやジャン役のおにーさんの指揮法が単純で付け焼刃なのは判っちゃうけどね。

 二時間ちょっとがあっという間みたいだったね。2夜の制限があるからやはり細かいところではしょっていたがかなりよく出来ていたと思うよ。この余韻を噛み締めて寝るまで原作コミック復習しよっと。10巻から15巻までデスよ。明日もとっとと帰ってこよ。砂漠のプロメテウスさくせんからデスよ。(原作でも意味不明・・・・・・)
 興味あるヒトは伊勢丹新宿店地下二階のカフェで「salon de のだめ」明日5日までやってるからイテミテ。うちのうさぎいぬたちは3日に潜入して来たよ。様子が見てみたいヒトはついでにひみつ基地にも行ってみよう。→リサとガスパールのひみつ基地

再放送だっ

2008年01月02日(Wed) 19:05:16

 ぎゃぼーチェキが甘かったぜい! 今日ヲシゴトから帰ったらのだめ再放送やってたじゃあーりませんかっ。丁度4話から見られたんだけどね。本放送の時はまだファンというほどではなかったから録画してない。そこで、大急ぎでせっとせっとーせっせせっせー。いやー、折も折、勢いあまってDVD-BOX買っちゃおかーなどと思っていたところなんである。だが、初回限定版はもう完売で入手困難、あっても馬鹿高い。折角買うならメイキングビデオとか見たいしなーなどと思っておったのだ。
この本すごく面白いよ。楽譜要らないヒトにはちょっと高いかも知れないけど、編集がファン的視点で愛情たっぷりに記事書かれていて、それが伝わって来るのだ。本て、こうでなくちゃね。
4/5日のスペシャルで使用される曲集も出てる。予習したいヒトはどぞ。

 今日見逃してしまったアナタ、明日は朝8時からぶっ続けで昼まで、最終回はニュースを挟んでその後やるんだってよ。まだ見たこと無い人はこの機会にミテミテ。別に音楽人でなくてもコメディとして、はたまたビルドゥングスロマンとして面白いから。

元日更新

2008年01月01日(Tue) 23:09:44

 別荘画廊Ai様連作にversion2008を新設。深くなり過ぎたからこれまでのをversion2007として別にした。本館からはバルコニーの特別展示室に「訪れ」「mirage - 蜃気楼」へ直接アクセスできる項を設けた。アルフォン党員よ、お元日から楽しめ。

 それでな。パスワード制にしているのは、どこかのだれかみたいに何の臆面も無く泥棒して外に貼り付けるのを避けるためである。だから、新たにパスワードを請求するヒトは、あなたが責任感のある良識人であることを、こちらに感じさせるようにしてくれ。アドレスとアクセス場所は館にアクセスした段階で解っているので、扉に断ってあるように旧投稿者と関わりのあるヒトに関わるつもりはない。おいたをするイケナイ指はうちの警備員にニ・三本つめてもらわないとね。