アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるのごがく

2008年03月31日(Mon) 09:19:17

春がやってきた。暖かくなると有難いねぇ。この春から語学講座が大改編で、一体どうなるのかなと心配してたけど、結局全部一からのスタートで応用編に当たるものはちょっとしかなかった。それで、テキストを買わなかったんだけど。しばらくは今までの未消化分を復習することにしよう。前回までのシリーズはなかなかいいものがなくて、独仏伊露のうち優れていたのはやはりフランス語だったかと。あと、ロシア語はゴーゴリの『鼻』を何と第一章と第三章全部読むという快挙を果たし、満足な講座だったな。今日黒田りゅーのすけ久々の出演「まいにちロシア語」聞いたけど、こりゃほんとに易しい。聞き流してみ。
 ドイツ語はここ数年なかなかいい講座がなくてなあ。しょうがないから昔ローテンブルクで買ったグリム童話集でもちまちま読むことにしようか……こういうものなら負担にならないしね。
で、こちらはなかなかダンテにたどりつかないが、まあいいや。引退後のお楽しみということで。前回テレビ・ラジオとも講師の鈴木マリア・アルフォンサは凄い。すぐに使える会話的表現が中心だったので自分の目指すところとはちょっと違っていたんだけど、聞き流すには楽しいシリーズだったよ。ついでだけど、テキストに連載していた読み物がとても面白かった。田丸くみこ女史のお話が本になってるね。
 語学学校に行くとモチベーションもやる気も確実に上がるけど、それほどお金がなくたって勉強はできるんだよ。完璧でなくてもいいから耳ならしにつづけよう。
スポンサーサイト

地球防衛家のヘルメット

2008年03月30日(Sun) 20:12:06




 楽天にも出たよ。ライダーなヒトはかぶってみ。

 はー、とことん石ノ森終わりましたな。昨日三時まで見ちゃって眠いっす。

宇宙戦艦ヤマト メカニカルコレクション4

2008年03月29日(Sat) 10:22:03




 こんぷりするの大変そうだけど…安いからいいか。

業務連絡つづき

2008年03月29日(Sat) 01:12:57

 すまんかったな。メル復旧した。遠慮なくパスワードとか請求してくれ。

009三時間半「とことん石ノ森章太郎第六夜」

2008年03月29日(Sat) 00:29:05

NHK BS2 009 いやー堪能しましたな。丸ごと生ソフト見せてくれるのももちろん有難いが(てゆか40年前の映画も白黒テレビシリーズも全部持ってるんですけど)、貴重なのはインタヴューであるよ。そして、ゲスト島本の熱い語り! 島本の顔を昨日初めて見た。目の輝き、情熱。いい顔をしていると思ったよ。流石御大がアシスタントに雇うだけのことはある。なにがし精神科医の的確な分析、司会のアナウンサーの冷静と情熱の絶妙なバランス。面白かったー。久々に熱くなったぞ。

 そもそもわたくしの同人の始まりが009だったのでなあ。制作年代順から言っても少年キング初出が1964年なのでヤマトに先立つこと10年だし、勘弁してくれ。自分にとってヤマトと009は半々なんだよ。

 まあ、ヤマト以上に長い長い作品なので、矛盾とか駄作もいっぱいある。だがな、キャラクターの描き込み方はヤマト世界の上を行くと思うよ。9人プラスギルモア博士、そしてゲストキャラクターたちの背景、人となり。文芸である。

 こういう言い方をすると崇拝者はイカって爆弾投げるだろうが、わたくしは石森が構成力に於いて(例えば)手塚ほど偉いとは思わないし、多作であることは認めても天才とは思わない。それでも、人物を描いた短編は心に沁み入るものが多かったから、これまでずっとファンでいたのだと思う。自分にとって大事な人なのだ。

 みんなもまだ読んでいないのなら読んでみ。はずれると悲しいだろうからおおよそのお勧め時期を言っておくと、80年代のサンデーコミックス時代。一番好きなのは「サイボーグ戦士誰がために闘う」という正月短編。勿論、「機械仕掛けの心臓」もね。

 ついでだが、平成009は音楽もすごい。小室哲哉がなんとオーケストラものの作曲・プロデュースやっている。最初、はやりのavexなヒトとしか認識していなかったのだが、音楽集三枚、どんどん進化・深化していくのには舌を巻いたよ。音楽に興味あるヒトは聴いてみ。どれか一枚しか買いたくなければ、ぜひvol.3を。

業務連絡

2008年03月28日(Fri) 00:51:29

 番組の途中ですがお知らせです。只今メール不具合のためメールフォームも機能しておりません。復旧まで緊急連絡のある方はお手数ですが記事右下の「拍手」をクリック、コメントを書き込んで下さい。拍手したくなくても通信手段と割り切ってね(ぷっ)。ちょっと時間がかかりそうです。

宇宙戦艦ヤマト 1/2100 ガルマン・ガミラス駆逐艦 塗装済み完成品 (B-CLUB)

2008年03月27日(Thu) 09:02:03




 ガルマンということはヤマトIIIですな。こんなの出てきたっけ? な情ない記憶ですまんな。まあ、そこはかとなくファーストシリーズ第一話の雰囲気はのこってるけどね。

ハッピーリタイアメント

2008年03月26日(Wed) 23:17:17

なんと、アルフォン・デザリアムは引退してしまった。情熱がなくなるとこうなるらしいぞ。35歳。

「一山当てたアルフォン・デザリアム
──黄金暦92年 3月、引退──
年齢 : 35歳
性別 : 男
出身地 : 都会
出身家 : デザリアム
冒険者になる前の生活 : 学者
冒険者になったきっかけ : 運命に導かれて
筋力 / 113 耐久 / 207
敏捷 / 242 器用 / 174
知力 / 295 魔力 / 368
感応 / 266 運勢 / 53
金銭欲 : 皆無
名誉欲 : 皆無
正義感 : 普通
緊張感 : 旺盛
克己心 : 旺盛
情熱 : -43
武器 : 杖」

 前回あたり冒険失敗で仲間が死んだりしたけど、頑張って生きていた。歳が35より多くなると自動的に中年になれないようにできてるのか? ともかく平和な引退である。いいなあ。

宇宙戦艦ヤマト メカニカルコレクションPart.4 1BOX

2008年03月26日(Wed) 09:11:18


 絶賛新サイト建設ちう。とはいえヤマトじゃないのでごめ。ついでなんで記事が増えてるんデスよ。

 さて、こんなのあったのかあ。反射衛星砲のディテールがすごいね。

あぶな坂HOTEL

2008年03月25日(Tue) 20:13:17


 今日買った本二冊。このうちの一冊なわけですが。漫画新刊のコーナーに平積みで、大御所がかつての栄光を再販することの多い中、何とぴかぴかの新作で普通の単行本サイズ。おおお、こんな偉いヒトが現役で頑張ってるのかあ、と手に取っちゃったんである。表紙がちと猟奇的少女漫画ちっくで引きかけたが、まあいいや。。。そして、裏切られなかった。短編連作、どれも心に染み入るいい話だった。

 以下ややねたばれるのでもう読んだ人とわかっちゃってもいいやな人だけどぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。