アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

チェーザレ新刊

2008年11月26日(Wed) 23:42:23


 ヤッター新刊出てた。とはいえここ数日うちのはずだけどね。この巻では、やや雲行きがあやしくなるよ。信じていたものに後ろから刺されたりするよ。ひー。

 それと、以前から買おうと思っていたんだけど、やっと手に入れた。カラマーゾフの兄弟を新訳したちょー本人亀山せんせいが講義するよ。ラジオ講座なので読んで聞いてオトク。

 何と下半期に入るや否や怒涛のようにヲシゴトが押し寄せてきて、ちょーびっくりしているところ。マルビ生活に終止符である。とゆわけでちと屋根裏も放置であった。しかしどんなに忙しくなっても精神生活を捨てたくはないなあ。
スポンサーサイト

ガンスリ10巻突入

2008年11月06日(Thu) 00:10:13


 フランス語テキストを買いに寄ったら、何と待望のガンスリンガーガール10巻が新刊平積みになってるではないか!! うれし。それでなくても今日は嬉しいことづくめなのに。

 今回はツインテールの義体トリエラと担当官ヒルシャーの過去が語られる。第一世代への回帰の巻だ。あのアムステルダムでの衝撃的な場面、誘拐されたトリエラが脚を鋸で切断された理由が今やっと明らかになる。殺人場面の動画を撮るためだったのだ。だから簡単には殺さない。時々治療もして、できるだけ命を長らえさせ、それを見る変態趣味の愉しみの時間を長引かせるためだったのだ。いたわしい……

 ともあれ、読め。最初の話はほとんど内容もなく雰囲気の描写だけで、あれれ相田さんつかれてるんですか、な感じだったけど、そのあとの滑りはよいぞ。
 おやおやこんな英語版まで出ていたとは。
 おやおやおやこれはOVAデスかーっ! 知らなかったぞ。

なんばしよっと!

2008年11月04日(Tue) 20:24:29


 『まんが道』終わった後、同じノスタルジー路線で『コラ! なんばしよっと』が始まり、熱烈歓迎。武田鉄矢の少年時代の話である。リアルタイムには全く知らず見ていなかったのだが、折しもジャベル笹垣に唸っていたこともありとても興味深く楽しんで見た。しかしなー、てつやの親爺さんがあげな大酒のみとは思わんかったとよ。

 昭和ノスタルジーのうちに15回が終わったら、何と昨日から続きの第二シリーズが。出演者たちが再結集を本当に喜び、また一緒にやれるという喜びをかみしめていたのが伝わってきたよ。こちらまで嬉しくなってしまった。

 桃井のかあちゃん役が意外にも板に付いていて当初驚いた。そして博多弁の淀みなさ。とうちゃん役の近藤正臣は美形男優なのでこれまた意外だったけど、なんとピンクレディーのミーちゃんと浮気する役どころだったりして、納得……あの親爺さんも人は善良なのに太っ腹に奢る癖が災いしたねー。鉄矢、あんな父のもとでよくぞ金八先生に育ったものだと感慨深い。

 三十年ほど前、ヤマトが妙な方向に行き始めた時、愛想を尽かしたわたくしは『太陽にほえろ』に流れた派で、『金八先生』はちゃんと見たことがない。だけど、メディアにちらちら出てくる金八先生像は教育者の理想であるということが当時から伝わってきてはいた。あんな先生がいたら、誰だって習いたいだろう。教科をというより、人生を。そしてその「ぼくに人生を教えてくれた」大元は「やさしいおふくろ」だったのだ。
 今更だけど、武田にとても興味が湧くこのごろであった。すごい人だよ。

せかちゅうでした。

2008年11月02日(Sun) 00:21:25


 本日、CATVTBSちゃんねるで正午から一気放送。ただしわたくしはヲシゴトなんで、今1・2話だけ録画見たとこ。のっけから『白夜行』はじまりと同じ構図・演出だったのでびっくりした。そーだったのか。白夜行第一話のコメンタリーでディレクターが「ぱくり」と言っていたので、なんだろうと思ってたのだ。あとから知ったのだが、製作者スタッフ殆どみな同じなんだってね。視聴者のこちらとしては本末転倒ながらたいへんおなつかしうございました。

 ・・・で。これは、はまるわな。はるかちゃんがかわいいのは当たり前としても、山田が既に役者として完成されていて、うまい。仲代達矢なんてエライひとも出てるし。この続きを見守るのが楽しみであるよ。白夜行の続きを見ているような錯覚さえおぼえる・・・

 もう10年くらい前だっけ? 名前くらいは話題になったから知ってたけど、まさか今になって自分が関わるとはねえ。TBSチャンネル

 なんで今まで知らなかったかというと、その頃わたくしリアル働きマンだったため全然テレビ見る暇がなかったんである。もーあんな忙しい生活はヤダ。