アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

ふたたび合掌・池田晶子

2009年01月29日(Thu) 11:45:13

 先日図書館に行った時ついでにあったから借りたもの。池田せんせいの本は全部読んだわけではないのだが、一世風靡した『14歳からの哲学』系お子様向けのものより大人向けの短文の方が辛口で小気味よい。別に意味もなく14歳をひっくり返したタイトル『41歳からの哲学』の方が痛快で、それ以来一目置いている。このヒトは写真を見る限りすこぶる美形であってくらくら。かと思ったら、なんだー、学生時代アルバイトでデルモもしていたのか。デルモなんかすること自体哲学に反するんではないの? とも驚く。いやいや、きっと生活費稼ぎくらいと割り切ってるよね。(注:デルモをするにはエージェントの登録・在籍料が最初に10万円くらいかかるよ。あと礼儀作法とか演技のレッスン料も。それでも良ければ容姿とご相談の上どうぞ。)
 才色兼備という言葉があるけど、思えばそれはバランスの取れた人間としては普通のことなのかも知れない。頭のよさは外に現れる。頭の悪そうな頭のいい人ってどんなの? 意図的に演技しているのは別として、やはり精神のありようはオーラとなって表れるだろう。わたくしとお付合いのある年長者たちは皆エレガントで聡明である。たまに性悪下司とかかわらねばならないと非常に疲れる。そういう人は一様に汚らしい顔をして肥っていた。まあ、世の中みな池田せんせいほどにはいかないだろうが……でも性悪の、社会的立場が上のヒトって、存在すること自体不思議な気がする。知らず知らずの儒教的影響かな。年長者はみな義であって敬うべきという。世間知らず。てゆかそんな世間知りたくもないけど。
ウィキペディア 池田晶子
 池田女史みたいな人がとっとと鬼籍に入ってしまうのはまことに惜しい気がする。ご本人は再三この世を見捨てる旨語っているのでいいんだろうけど。
スポンサーサイト

サブマリンスーパー99

2009年01月26日(Mon) 10:25:56

 出遅れた。こげなものもあったんですな。今東京MXTVで日曜の夜11:30からやってますぞ。第一話から見られるときだけ見てるけど主人公は同じお顔の進くんだし、にーちゃんは守さんと同じお顔のごろうさん? だし、憧れのちょっとお姉さん的なのはまさに松本れーじ体験そのままの森木美雪だし……なんかヤマトワールド全開120%であった。増永さんが描いてるのかと思ったら違った。凄いね。こんなに松本な絵の描けるヒトがほかにも居たとはなあ。
大昔、ヤマトの漫画版秋田コミックスを買った折、宣伝のちらしが挟んであって、気になってはいたのだよ……でも30年経ても手に取ったことがなく。いきなりこんな映像で見られるのって凄いことである。
 堀江美都子健在なのにもびっくりだ。エンディングのタイトルバックが松本的えろいのでお子さんと一緒に見るとちと恥ずかしいぞヲヤヂども。

2005年版テレビシリーズガラスの仮面

2009年01月25日(Sun) 09:43:30


 舞台人と接する機会はわりとよくある方だけど。この作品を知ってしまったあとは、現実の舞台人の生ぬるさを感じることが多い。ひと昔前の世代は気骨があったということだろうか……

 本当に息が長くて、古典的なスポコン的作風ながらやっぱり心を打つのである。2005年新制作ばーじょんのことは知らなかった。過去に一度野沢那智/森功至の真澄で作ったのを再放送で見て以来原作に取組み、すっかり感心してしまったのだった。クラスの女の子たちが隠れて回し読みしていた時代は興味なかったんだけど。今や文化人の多くが古典と認めるようになってるし。荻野アンナせんせいなんか『ガラスの仮面の告白』なんていうパロディも書いてるよ。

 今アニマックスで毎週土曜夜8時に二話連続放送している。ありー、かつてのマヤちゃんを熱演した勝生まさこ女史が今では姫川亜弓のママ歌子さんをやってるとはっ! それでもってクレヨンしんちゃんの矢島あきこが亜弓さんで気の弱そうな小林さなえ(わたくし的にはエレノアおじょーさま)がマヤちゃんとは! 感慨深いのう。

 時代の変遷も感じる。きのう録画したのを見ていたら、『王子と乞食』が『王子と少年』になってて吹き出しそう。乞食もいまや放送禁止用語ですかのう。登場人物はケータイ持ってるし演出家はパソコンで物語背景の説明を出してるし、30年も続く作品だとそのへんもいじる余地があるのう。それはそれで新解釈として面白い。
 まだ読んだことのないあーた、ここはひとつ騙されたと思って漫画喫茶に行ってみよう。必ずしも最初から読まなくても、劇中劇がいくつもあるからその山を楽しめばいいのさ。結局全部読むことになるだろうけど……

ガラスの仮面43でるぞ

2009年01月23日(Fri) 22:07:20


 待望の43巻だあー。いったいいつまでひっぱるんだっ!!! 「すずえさん……凄い人!」(by北島マヤ)

美しき諍い女

2009年01月22日(Thu) 23:35:20

 ミンナサン暫くでした。ふうやれやれ、これから少しヲシゴト閑期である。今日は丸ごと一日お休みだあ! 寝てた。自堕落な一日。でも馬鹿になりたくないのでちょっとだけでもと独仏伊露はやった。。。けどますます馬鹿になっていたということが発覚。仕方ないのでまた寝る。そしたら丁度シネフィルイマジカでなつかしいものを。『美しき諍い女』である。完全版の4時間の方。今始まったばかりだからまだ間に合うよ。こんな長いものを、長いとも感じずに、呼吸するように何度も見ていた時期がある。南フランスの自然と田舎家の高い天井がほんとに気持ちいいのだ。音楽が背景に流れていないところもよい。昔、一回ここにも書いたと思うが。。。どんよりとした曇りの日、おちついて見るにはいいと思う。

 あと気になっている映画が文化村でかかってるんだけど、天気がいいと建物に入るのが勿体なくなってなかなか行けなくてな。パリ、という、まさにそのままのタイトルなんだけど。公式ページ

やっぱり森雪だよね

2009年01月03日(Sat) 08:18:02




 ちょっと完結編ちっくな顔であれですが、激安。コレクターのヒトはどうぞ。

あけまして

2009年01月02日(Fri) 00:28:33

 めでたさも ちゅーくらいなり 太一郎

 とゆわけで引き続き今年も喪中といたします。賀状有難うございました。寒中お見舞い申し上げます。