アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

復活…するのかっ?

2009年05月20日(Wed) 09:01:53

 ひゃーびっくりした。別荘のめるふぉからお便り届いた。なんと、差出人はあの! 西崎ギテンさんである! サイトを持っている人に優先的にプロモーションDVD差し上げます、な内容のご案内であったのだが……復活編公式サイト
 いやはや。まさか一ファンのわたくしなんぞにだいとーりょーからお便り届くとは……そっちの方がよほどびっくりであった。勿論、こういうことは事務的代理人がやっているに決まってるだろう。それでも西崎さんの名を名乗れるということはそれなりの筋なわけで。

 ほかにこのお便りが届いたサイト主のヒトビトの反応も何となく透けて見える。アンチ西崎のヒトがたぶん多いと思う。……だがな。わたくしは松本れーじよりは悪名高い西崎さんの方に同情してしまう。芸術家と興行主、自分のこととなると前者にスタンスが近いのだが、それだけにインプレサリオのありがたさが身に沁みるのである。

 原作者問題で、結局松本れーじがそのタイトルを勝ち取ったよね。しかし、どうもしっくりこないのだ。確かに膨大な設定資料を描いたヒトではある。だがそのアニメーション版はコンテを切り、脚本を書き、作画し、曲をつけ、みんなで作った総合芸術である。(なんてもうさんざん議論されたことだが。)個人的なことだが、わたくしがヤマトファーストシーズンに惹きつけられたのは、やはり文芸的な面によっていた。だから藤川・山本両先生の筆が大いに原作的なものなのだ。絵がダメでも、声がダメでも、多分話の筋があのように素晴らしければファンになっていたと思う。

 西崎さんが良い作品を作れるとは、わたくしももはや思っていない。しかし、同情的によりそって「総統、もうおやめ下さい」(byヒス)とつぶやくことはできる。つぶやいたところで、もう誰にも止められないと思うけど。

 というわけで、お便り下さったことが「身に余る光栄」と25年昔なら跳び上がったであろうが。やれやれ。
スポンサーサイト

落札! トントン

2009年05月14日(Thu) 00:20:28

 前記事の銀河英雄伝説コミックセットは買い手様が早々に。有難うございました。 とゆわけで改めて新品欲しいヒトはうちの密林で買ってくれー!

銀河英雄伝説なおしらせ

2009年05月12日(Tue) 23:59:09

 あのですね。どなたさまかわからないのですが、うちの密林で銀河英雄伝説本買ってくれた人有難う。ついでに、売っちゃおうかな本がある。もし住所とかわたくしにわかっちゃってもいいヒトがいたら連絡してくれ。 道原かつみのコミック『銀河英雄伝説』9巻をのぞく10巻までと、外伝『黄金の翼』セットで10冊、送料込み半額程度の2500円でいいや。送金は郵便小為替を簡易書留か速達で(面倒でスマン)。綺麗に保存されてマス。9巻だけはなぜか買いそびれた模様…オークションに出してもいいんだけど、出品はしたことがないからちょっとアレだ。 まあ、簡単に買い手がつくとも思えないけど、先着一名様デス。

ガンスリのげーむ

2009年05月09日(Sat) 23:00:28


 萌えーな日々の再来。とはいえ、ガンスリである。スマン。散々録画したのに、特典映像気になってセルDVD買っちゃったー。まだ全部じゃないけど。で、ファーストシーズンも懐かしくてなんか特典映像ないかなーと思ってウェブさらいしてたら、をを、PS2があるじゃないか。なにやら随分と評判の悪いゲームだったらしいけど、この際番外編と思ってやってみるかという気になる。ヤマトのPS2をするためだけに買ったハードだったのに、とうとう別のがかかる日が来たよ。またメモリー買わなきゃ。クリアまで一体何時間かかることやら……

 今更だが、ファーストシーズンの映像の丁寧なこと。これじゃ続編『イル・テアトリーノ』がぼこぼこにされるのも無理ないわな。音楽も作曲家が変わって全然ダメだったし。でも、イタリアの空気を知っていると懐かしさが先立って許せてしまう。

待っててヨカッタ

2009年05月03日(Sun) 01:13:31

 とゆわけでアニマックス一気にイッキミGWである。待望のガンスリ続編、評判は良くなかったので買わなかったけど、今わりと楽しんで見てるぞ。例によってためらうことなく殺しまくる。甘っちょろいヒューマニズムもどきなんぞお呼びでないのである。爽快。やはり第一話は違和感があったけど、声優総入替りだし。でもジャンさんが子安でキースアニアンな感じ。ま、これでもいいんじゃないの。ファーストシリーズの完成度には及ばないけど。
イル・テアトリーノ