アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

晩秋

2010年11月16日(Tue) 01:22:12


 リアルお別れ会には訳あって行かれないんだけど、アンチ西崎のヒトに、これだけは心からお願いするよ。「石投げないでくれ。」ヤマトという作品が好きで好きで、そんな素晴らしい作品世界をスキャンダルまみれにした張本人かも知れないけど、もう、死んだんだ。藪をかばってやる徳川機関長な心境。
 そして、心静かに参列する人に。盛られるであろうお花のうちのほんの一輪ではあるが、わたくしの気持ち。皆さんとともに心は参列しているよ。
 さらば日本のディアギレフ。
スポンサーサイト

お別れ会

2010年11月11日(Thu) 02:02:15



 いやはや。生西崎さんに会った人の話はスケールが違う。
オタキングex公式サイト
 ショービジネスの世界は違う。やっぱり、わたくしにはこんなの無理、と思ってしまった。まったく庵野さんサイドだ。それのできたのが西崎さんだったんだよなー……

 哀悼の意を表し、お花を贈ります。そして供養のために、興味のなかった晩年の諸作品も買って、時間を作って見るかも。

思うところは色々あれど

2010年11月07日(Sun) 23:53:49


 西崎さん。海で死ぬなんてあなたらしいよ。転落だけが原因ではないと憶測するけど(過去に色々薬なんかもやってた人だから心臓弱ってたのかな……)

 これで、ヤマトが本当に終わった。復活篇はまだ続く予定だそうだったけど、2520同様宙づりだ。あなたがいなければヤマトは良い方にも悪い方にも動かない。波乱万丈の冒険人生だったね。あなた自身が映画の主人公だったのだ。奇しくも復活篇が遺作になってしまった。散々な出来と聞いている。呆れて見にも行かなかったが、あなたが嫌いになったからではないよ。むしろ、(こんな時に言っていいものか……)憐れみ。

 もういいから。ゆっくり休んで下さい。代理人を通してでも一通あなたの署名の入ったお便りを頂けたことが、作家くずれのわたくしには一生の慰めだ。もっと立派な業績を成したあとに壮年の元気な頃のあなたにお目もじして一緒に仕事ができていたらと、ただそれだけが心残りだ。

 有難う西崎さん。

西崎さんっ

2010年11月07日(Sun) 23:01:51

朝日の死亡記事
 なにやってんの?!

 わたくし的には野沢那智昇天より衝撃……

詩織さん黒すぎっ!!!

2010年11月02日(Tue) 10:03:22


 それよりわたくし的にはこっちざんす。『ガラスの仮面』46巻最新刊、黒いっ! 黒過ぎるっ!! マヤが芸能界入りしてどろどろのコテンパンになった頃の、いやーな気分がまた来たよ。作者美内自身もあの頃描いていて辛かったそうだ。では今もまた?
 ただ今回のは速水シャチョーの政略結婚上の婚約者・詩織お嬢様ひとりの内面に起因するので、より人間心理の本質的なサガというか、そういうのがもう救いようのない汚さ。読み進むうちに気持ち悪くなってきた。ぐらぐらむかむかっ!! 胸の悪くなる黒さ。
 シャチョーを罠にはめてワンナイトクルーズ船室のダブルベッドまで用意して「はしたないとお思いにならないで」なんて、あーたそりゃ無理ざますっ! 女色魔っ! 詩織さん成敗っ!!
 でもまあ、読みたまい。

見ちゃった

2010年11月02日(Tue) 00:05:31

偉い演劇人が結構出てるんだね
 うわ。昔つきあってたナオンに会っちゃった的恥ずかしさを感じつつ、一応激写一枚。にしだ? はしづめ? なんだーエライヒト結構出てるわけだね。よく承諾したもんだ。まあ、野沢なちみたいに、来た仕事を断らないことが芸能界で生き延びるこつではある。
 しかしやっぱりこういうものが白昼堂堂立ってると……きーはずかしー!!

追記:
 スマン。誤解があったかも知れないが、試写会の日だった??? いやいや、試写会のお誘いはその筋から来てたけど、別に興味無いので、行ったわけではないのだ。たまたま東宝のポールに巨大広告が貼ってあったのを見ちゃっただけ。わたくしは映画館へ行くのが大儀なヒトなのでお車代でも出ない限り行かないんデスよ。エラソー/セコイけどな。
 感動したヒト、よかったね。二年連続お楽しみ。この先万一「永遠に」が実写になったら見届けに行くと思うけど、ありほん少尉は誰がやるのかのう。こてこてのえろ男なんて、日本語話者俳優で、いる?