アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

terra-formingちう

2012年05月30日(Wed) 23:45:52

 
 25日以来、毎日号泣で胸が痛い。リンパ液か何かが流れていく音が、骨伝導で聞こえる。どう言ったらいいのか分からないが…自分より少しだけ上の同世代人が、今までさんざん酷い扱いを受けてきたにもかかわらず、こんなにもヤマト愛に溢れ続けていてくれたことが嬉しくて有難くて、それらが混然一体となって迸る。そうやって、体力を消耗しているのである…

 作品には駄目なところ・受け入れ難いところが確かにある。だが、それ以上にいいところがいっぱいある。この五日間で20回以上は通して見ていると思うのだが、沖田艦長のかっこよさが見るたびに増していくように感じる。(こういうリーダーが今の世ではなかなかいないよね。時代がいなくさせているのだ。)

 というわけで、今日は40型液晶AQUOS(しかもブルーレイ搭載)を手配してきたよ。やっとやっとの新装備。別にブルーレイプレーヤーは後日買っても良かったのだが、7/27にパートIテレビシリーズが特典付きでブルーレイ化される情報を得て、んー、それではこの際備えておくか? などと気を回してしまいーの。実はわたくしパートIはリアルタイムでドラマレコード13枚組を買っていたので、その後の映像化商品は買わずに、ファミリー劇場の放送を録画して間に合わせていたのである。勿論Iが一番好きなんだよ。でも、古典であるがゆえに、そんなに気軽に触れてはいけない気がして、資料として持っておくに留めていたのだ。今回買う気になったのは特典のため。この機会に良い映像で手元に置くのもいいかな、と思えたしね。
 明後日来る予定なので、明日は一日テラフォーミングに備えますぞ。で、お払い箱になるであろうブラウン管モニター(異常音を発しながらもまだ映るのだが)には、合掌して引退して頂くことになるのかな。それでまた別件号泣~。

スポンサーサイト

号泣する準備は全然できていなかった

2012年05月29日(Tue) 09:51:42

ラジオヤマト
 というわけで、毎日見てます。何回も何回もなーんかーいも。見れば見るほど(主に設定・細部へのこだわりにだけど)作った人々の愛を感じて…号泣してるんじゃよ。本当に。37年、暗黒星団三部作の時もそうだったが、「待って良かった」と思う。新キャラクターには馴染めないけど、元をただせばアルフォン少尉も新キャラクターだったわけで、いずれ落ち着く日も来るかと。
 この調子で屋根裏の古ーいテレビもイマドキの薄型大画面に買い替えるか、と検討中。えーえー使えるものは昇天するまで大事に使う主義なんデスよっ。でもねー、ヤマトを見るために、そのためだけに、高画質大画面を備える価値ありと判断したのだ。
 それより、昨夜地震が凄かったけど、丁度その時ラジオヤマト第五回を聞いている時でびっくりした。そして、いつ死んでも悔いのないように集められる時に情報を集めておこうと新たな決意であった。昨年の大地震で亡くなられたオールドヤマトファンの方々、2199の公開を待たずして逝ってしまわれて、本当に残念に思う。みんなの分、わたくしが見届けるぞ。最後まで。

新カテゴリー作っちゃった

2012年05月27日(Sun) 09:49:05


 何ですかーッ! こんなんなってあんなんなるんですかーッ! 何かもう、劇場に行かねばなるまいな気分になってきたぞ。新キャラクターは少女マンガみたいでうざいが、今時のコドモたちを取り込むために必要なんでしょうな。ま、目をつぶるとして、沖田艦長&真田さんがシブイ。

 それと、ご指南有難うございました。火星に向かって花束を捧げようとしているのは山本だったか…なんか、出渕さんの言う通り、昔は女が雪一人みたいに描かれてるから、プロポーションが女だとみんな雪に見えてしまう錯覚が。

見たッ!(ルシウス風に)

2012年05月26日(Sat) 09:27:10

(見てない人注意。内容が少し書かれているよ。)

 これは凄い! 2月に見た人は沢山いたのだろうか? 今の段階で何も情報収集していないのでわからない。あえてまっさらで見ようと思ったのだ。でもアマゾンに注文したのはぎりぎりの23日だった。期待してがっかりするのもあれだし…などとイギリスの老人みたいなことを考えて防衛機制してしまったり。ま、オールドファンには気持ちは分かってもらえると思う。しかし、気軽に見て、そして素晴らしいと思えた。比べるものでもないけど、実写版はキャストの芝居がボロボロで山崎貴カントク(たち同時代人)の愛によって技術が超絶的に優れていた分、最終的にはちぐはぐな印象が残った。が、今回は違う。出渕さんはまぎれもなく同時代人で、ファン視線でものを作っている。庵野さんもかんでるというからいいものができないわけがない(その分→ちょっとエヴァンゲリオン的日本テイストになってしまったが)。

 俳優=声優たちも理解していい芝居ができていた。期待以上だったのは宮本守と石塚土方。ちょーかっこいい~! 沖田艦長は最初違和感禁じ得なかったが、むしろスターブレイザーズのキャプテン・アヴァターの声と似ていて、だんだん納得できて行った。ただ、主人公の古代と島、森雪は新しい人なんでしょう? やはり理解はしていない様子だが声の質は古代と雪に関しては感じが出ていると思った。あとはこれからの勉強次第かも。島はどうだろうねー…どうにもならんかも…若者は若い人がやるほうがいいんだろうけど。コメンタリーの古代・雪役の声優の話を聞いていたらあまりのものの知らなさに情けなくなった。。。平田が折角出ているのに、平田のことを知らないとは…こんなやつらがやっとるんかい、あのヤマトを?! という感じ。

 ここアルフォン少尉の館を始めるきっかけとなったのはゲーム版暗黒星団三部作だった。増永さんの絵柄を筆頭にほぼオールドキャスト・オールド設定に乗っていたから。今回の2199もそのオールドファンの萌え所をはずしていない。だから、素直に受け入れられるのだと思う。平成リメイクの009や『地球へ…』と似たような立ち位置だと思えば、少しなりと気持ちがカモミールティーである。

 今回一気に引きこまれたのは徳川家のおでかけ場面だった。もう、靴とんとんするところから滂沱の涙…ああー彦七だよ、太助もいるよ、愛子ちゃんまだ出発の時は赤ちゃんだったんじゃないか、と。もう、これでおっけー。出渕さんあーたたちに任せますな気持ちになり切れた。

 それで! 雪! ひょっとしてスターシアの妹、新設定でもう一人出てきたユリーシャ? その人なんじゃないの??? 第二話で、第一艦橋の席についてたそがれている様子が意味ありげ、第三話の予告で火星に向かって百合の花をささげようとしているのはサーシアが実の姉妹だからじゃないの??? 昔、雪=サーシア説で俺設定していたこともあり、同じようなこと考えてるヒトが他にもいるかと。しかし三姉妹だったという発想には思い至らなかったなあ…この雪の一点だけについてでも今後の展開に目が離せない。予約しますよよーやーく。次は7月か。

 真っ赤なスカーフがエンディングでないのは何故? と思っていたらシングルがあんのね。買いますよ即ー買ーい。アキラさん頑張って!

金環の日

2012年05月21日(Mon) 23:50:36


 金環食見たっ!! 屋根裏方面はそれほど雲もなく、綺麗に見られた。撮影のお道具を揃えていなかったもので記録にはうまく残せなかったが、素晴らしい日になった。
 で、YouTubeに誰か早速載せてないかなと思って探していたら、こっちの方が見つかり(笑)。ささきいさお元気いいですなあ。口角は加齢で下がってもまだまだいける。ただ、歌い方は昔のオリジナルにはかなわない。こちら四月末から絶賛テルマエ祭りでまだ2199は見ていないのだが、やっぱり買わないとね。
 

あぁー、青い富士山が見える…

2012年05月04日(Fri) 21:53:43


 一足先に入ってるぞ、コダイ…(じゃぼっ)by山南艦長@テルマエ・ロマエ(は?)
 
 明日はヤマトパーティーだそうだが、しょくん、頑張りたまへ。わたくしは一足先でもないが、温泉にはまってしまってそれどころではない。一仕事片づけたからテルメで休ませてもらうよ。面白そうだと思ったら『のだめ』監督の武内さんがメガホンではないかっ! またも、してやられたなあ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。