アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そぞろに第七章概観

2013年08月31日(Sat) 18:43:32


 週末までひっぱっといてスマン。が、ぶっちーさんのひっぱり一年半の旅路の果てがこういうこととは……もう一週たつので表で言っていいと思う。これまでのクォリティの高さが、この結末で卓袱台ひっくり返し的に台無しであった。がっかり、である。二度目は見なくていいや、と思って頭痛と胸痛と眠気に甘んじ、そのまま生身の日常にとっとと帰ってしまった。その日の夜はスターシアの夢を見るには見たが……反芻して考えるとか、感動して高揚するとか、15話辺りで鼻血を吹きそうになったあの頃とは明らかに違う、ありふれた日常への回帰だった。
 それでも、三日経った今日に至って最終日の1番スクリーンを予約してしまうという往生際の悪さ。PV見ると出来がいいように錯覚してしまうのだろうか。もう一度、最大スクリーンで納得したいという欲求が残っていたのだ。

 テレビは毎週ブルーレイで録画しているのだが、それでもコアなファンとして特典映像とささきヤマトのためにDVDを買い続けてきた。今回、映画が終わった時は、ちらと、買わなくていいかな、などと思った。しかし、第七章もやっぱり予約してしまう。
 できの悪いものだと分かっていても、好き、なのだ。まだ世の中の意見はそんなに読んでいないけれど、手放しに礼賛する意見には正直そのヒトの審美力を疑わずにはおれない。しかし……出渕さん、詰めを誤っても、わたくしは「火中の栗を拾」ったあなたの勇気と知恵に心から敬意を表するし2199を好きでい続けるよ。これは『ヤマトよ永遠に』が駄作と納得しつつも、アルフォン少尉と雪という新たな関係性の出現によって見過ごせない作品となったことにも似ているのだ。

スポンサーサイト

第七章…

2013年08月29日(Thu) 00:03:42

第七章紹介巨大タペストリー(?)@新宿ピカデリーby館主

「このドメル、最後の最後で詰めを誤った……」

 以下「続きを読む」は呆れて編集中。2199も最後なので表では生画像を大判振舞い致しまする。本来館主は黒子に徹して生きているニンゲンの体温など感じさせたくはないのだが、遠方で劇場へ行かれない方のために。画像の転載・お持ち帰りはご遠慮のほど頼むよ。ヲトモダチにも見せたいとお思いの向きはここの記事アドレスを案内してくれ。
第一章紹介パネル@新宿ピカデリーby館主

第二章紹介パネル@新宿ピカデリーby館主

第三章紹介パネル@新宿ピカデリーby館主

第四章紹介パネル@新宿ピカデリーby館主

第五章紹介パネル@新宿ピカデリーby館主

第六章紹介パネル@新宿ピカデリーby館主

 画像おまけ、こういう場所は人生初めて体験である。初代『真赤なスカーフ』をかけてみるも、映像があまりにつまらないのでもう一回行こうとは思わないなあ。
マゼランパフェ@パセラby館主

第七章予想

2013年08月17日(Sat) 13:12:07


 とうとうここまできたか…淋しいなあ。ヤマトとともにあった三十余年前までの夏。今年その暑い熱い夏がとうとうかなったと思ったらもう終わりなのだ。
バンダイチャンネル
 さて、冒頭来たので、番組紹介をてがかりに予想してみる…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。