アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純愛ヒェン

2017年10月16日(Mon) 23:10:23

 ミンナサンこんばんは。今日、見て来たよ。全然知らなくてびっくりしたが、なにやら全員プレゼントみたいなの貰っちゃった。3週目まで変わるなんて太っ腹。3回見に来てね、ということかいな。

 さて、感想だが……なんだかよくわからなくて混乱しているのが現状であり。ただ、一点だけすごく違和感があった。以下少しだけねたばれ注意。





 古代が「結婚してくれ」って言うところである。2017年、この現代でさえ「結婚」ということの意味は無くなっていないか? それが2202年なら尚更、結婚なんて一体何の意味がある? これは、昭和の家族を単位とした価値観だと思う。昭和なオジサンたちが作っているからだろうか……羽原さんも福井さんもいい線行ってるとは思うのだが。

 まあ、もう少しわけの分からない映画内容を反芻し、考えてから語れることもあるかも知れない。でも今日のところは違和感と???ばかり。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。