アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛り下がる最終回@TV放送

2013年09月30日(Mon) 01:20:49


 正直、サプライズではあったが、予測どおりでもあった。11話で白色彗星帝国軍が出てきた時に続編を確信、スターシアが下腹を押さえた時に尚更確信、でも2199というからにはまだ続編発表ではないということだね。

 本日、ニコ生にぶっちーさんが出演され、リアルタイムに胸の内をきけたことは大変良かったと思っている。特に歌について、テレビ放映のためのオトナの事情が相当キビシイらしいことを感じさせるもので同情した……が! 引きに「明日への希望」をかけられなかったのは一生の不覚ではないのかね。ドメル散るの回でも然り。クズな最終回がゲスの極みへと。あの夏の日の怒りが蘇る。愛ゆえに…。こうして全国放送で恥ずかしい最終回が晒されることになって折角得られたファンに2199シリーズ全体を見限られてしまうのが惜しい。ま、ヒトゴトではあるのだが…最後の最後で詰めを誤るとは戦場では死を意味するのだと、名将ドメルが身をもって教えてくれたこと。

 DVD/BDではカットされた分と駄目な絵とがかきなおし補完されてのリリースとのことだし、今後ディレクターズカットの全巻ボックスも期待できそうな発言あったので、できるだけ多くの人に本来ぶっちーさんがやりたかった形を伝えられるといいね。


 何度見ても、どんなに好意的に見ようとしても駄作になり下がった2199だった。009-RE:CYBORGの終わり方、ビッグ・オーセカンドシーズンの終わり方、エヴァンゲリオン初回放送時の終わり方……まとめ切れなかった作品はあるんだよね…大きい作品ほど。「僕は悲しい。それが悔しい。」(by古代@神よ、ガミラスのために泣け!!)

 これから年内いっぱいはニコ生が情報発信の場になりそうだ。まだ言えないことなど、これまで数々の放送事故でぽろっとコスプレねーちゃんたちが言ってしまうことあり。駄作でも見捨てない。ファンの務めだ。ぶっちーさん頑張れ。
関連記事
スポンサーサイト
前の記事
ラジオヤマト
次の記事
2199サウンドトラックCD三巻勝手にライナーノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。