アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

PS2三部作ふたたび

2016年12月12日(Mon) 00:51:51



 ミンナサン久しぶり~。こういう時は久しぶりだねヤマトの諸君、とか言うべき? いえいえ、デスラースキーというわけではないので。
 さて、つい一昨日のことだが、何故か思い立つきっかけがあって「アルフォン少尉」をYouTubeで検索したのである。というのも、2015年末から携帯電話会社の勧めでタブレットを持たされることになり、それによりワカモノちっくに寝ながら動画を見るという習慣ができてしまったからだ。それ以前は2199をテレビモニターで見ながら寝落ちするのがほぼ常だったのだが……遅ればせながらYouTubeの双璧・ヒカキンさんとはじめしゃちょーも今更知ることになった。そして、新聞がそうであるように、これはいずれテレビ番組自体消滅するであろうなと思ったのだった。技術革新によりメディアそのものが変わっていくのである。
 それで、懐かしいものがなにか上がっているかな、などと「いたづらに」(笑)検索してみたのだと思う。そうしたら……!
 当アルフォン少尉の館建設の契機となったゲームのプレイ動画が!! それも、こんなに上手なプレイで効率よくまとめられて!! いやはや、きっとお若い方だと思うのだが、流石ゲーム慣れしていらっしゃる。艦隊戦でA判定なんてわたくしには全然出せなかった。良くてCであったなあ。それに、「白い花」のくだりでは、わたくしの雪が何度死んだことか……懐かしく思い出した。宮川先生のではない余りできの宜しくないゲーム音楽もそれなりに懐かしく、11年前のことを思い出した。日付を見ると、ごく最近アップロードされているではないか。taraoさま有難うございます有難うございます、である。
 この11年の間に色んなことがあった。アルフォン声優野沢の逝去、数年に及んだ2199フィーバー、技術的理由での館の閉鎖――尤も、検索すると館の寝室が一番上に出てくるのは、わりあい多くのヒトがいまだに裏口から入って来て読んでいるということかいな(苦笑)。それはそれで有難いが。

 で、もうすぐさらばのリメイクが公開だって? フィーバー時代に登録してメルマガ取ってはいるが、実はもう読んでないので、ネット情報小耳にはさみわりと最近知った。やる以上はまた付き合うけど、2199が最後でこけたので期待はしていない。
 それより今はゲーム暗黒三部作が懐かしいレトロスペクティブ期である。この調子で二重銀河の崩壊最後まで行ってクダサイ! 最後まで行かなくても、せめてアルフォンが昇天するまで。
関連記事
スポンサーサイト
前の記事
反響アリガトー
次の記事
狂気