FC2ブログ

アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンドラーのリスト

2008年02月23日(Sat) 21:58:47

 見てマス。これは随分前のような気がするが、1993年だそうである。当時とても話題になった。第二次大戦下、ドイツ人でユダヤ人を救った実業家の史実である。

 館の通奏低音とも言うべき『戦場のピアニスト』と主題は同じ。

 やはり、こういうものを見ると駄作と判っていても『ヤマトよ永遠に』がいかにぬるいかが身に沁みるな。戦場に残された森雪が無傷である筈など無いではないか。強姦、輪姦、暴力、生体実験、標本化・・・・・・戦時下の命など屑である。

 今更であるが、再び震撼した宵となった。(だからと言って反戦主義者になるつもりはないし、勿論鷹派でもないぞ。)
関連記事
スポンサーサイト
前の記事
悪霊
次の記事
時をかける少女
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。