アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

磯光雄すごすぎ

2008年06月16日(Mon) 08:13:18

 感動さめやらずといったところ。今更だけど、磯光雄検索してみたら思いっ切りヤマト世代なヒトだったんだね。でも製作に関してはむしろガンダム系に参加。ちと残念だな。何となく感じていた影響の片鱗(ジブリ絵・エヴァンゲリオン描写・攻殻機動隊ストーリー)はまさしくその通りであった。つまり、まさにそれらの作品に実際に関わっていらしたのだった。凄いねー。こういう実力のあるヒトが正当に報われるととても嬉しいよ。
 先日書店で小説を見かけたんだけど、むしろこちらはアニメーションの翻案なので二次的なもののようだ。買う人は注意しないとね。何も知らなかったころ、磯光雄はえらいSF作家の先生だと思っていたのでうっかりこちらを原作かと思って買いそうになった。現場のアニメーターだったとは! ウィキペディア磯光雄
関連記事
スポンサーサイト
前の記事
ガムの方がおまけ的
次の記事
電脳コイル最終回