アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河の歴史がもうひとつ

2011年06月12日(Sun) 23:07:44


 レーザーディスクの時代がございましたな。わたくしなぞ、当時の最新技術に感激し、映像音声ともに劣化しないというシステムに驚嘆したのが、アルバイトをし始める動機になったものである。その頃、ヤマトも終結し(今となっては苦笑い)骨太な作品が無くなってしまって、手持ち無沙汰…だったのだが。

 噂を聞きつけて見始めたら、こりゃー面白いんですな。ヤマトファンなら必ず通る道だと思うよ。てゆかヤマトを踏まえた作品だし。結局我が家にはレーザーディスクボックスが6箱ありまする。

 …して、レーザーディスクの時代は終わってしまった。やっと今とりかかったのだが、DVDに焼いて後顧の憂いに備えておるところだ。

 小説作法ではタブーなのに、人物がもの凄く沢山出てくる。しかも失敗していないのが田中よしきの凄いところだ。

関連記事
スポンサーサイト
前の記事
ヤン提督ご逝去
次の記事
GWはGG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。