アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

号泣する準備は全然できていなかった

2012年05月29日(Tue) 09:51:42

ラジオヤマト
 というわけで、毎日見てます。何回も何回もなーんかーいも。見れば見るほど(主に設定・細部へのこだわりにだけど)作った人々の愛を感じて…号泣してるんじゃよ。本当に。37年、暗黒星団三部作の時もそうだったが、「待って良かった」と思う。新キャラクターには馴染めないけど、元をただせばアルフォン少尉も新キャラクターだったわけで、いずれ落ち着く日も来るかと。
 この調子で屋根裏の古ーいテレビもイマドキの薄型大画面に買い替えるか、と検討中。えーえー使えるものは昇天するまで大事に使う主義なんデスよっ。でもねー、ヤマトを見るために、そのためだけに、高画質大画面を備える価値ありと判断したのだ。
 それより、昨夜地震が凄かったけど、丁度その時ラジオヤマト第五回を聞いている時でびっくりした。そして、いつ死んでも悔いのないように集められる時に情報を集めておこうと新たな決意であった。昨年の大地震で亡くなられたオールドヤマトファンの方々、2199の公開を待たずして逝ってしまわれて、本当に残念に思う。みんなの分、わたくしが見届けるぞ。最後まで。
関連記事
スポンサーサイト
前の記事
terra-formingちう
次の記事
新カテゴリー作っちゃった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。