アルフォン少尉の館 屋根裏の手記

館主碧髪のサーダによる2005年10月下旬からの更新記録を兼ねた製作秘話

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

terra-formingちう

2012年05月30日(Wed) 23:45:52

 
 25日以来、毎日号泣で胸が痛い。リンパ液か何かが流れていく音が、骨伝導で聞こえる。どう言ったらいいのか分からないが…自分より少しだけ上の同世代人が、今までさんざん酷い扱いを受けてきたにもかかわらず、こんなにもヤマト愛に溢れ続けていてくれたことが嬉しくて有難くて、それらが混然一体となって迸る。そうやって、体力を消耗しているのである…

 作品には駄目なところ・受け入れ難いところが確かにある。だが、それ以上にいいところがいっぱいある。この五日間で20回以上は通して見ていると思うのだが、沖田艦長のかっこよさが見るたびに増していくように感じる。(こういうリーダーが今の世ではなかなかいないよね。時代がいなくさせているのだ。)

 というわけで、今日は40型液晶AQUOS(しかもブルーレイ搭載)を手配してきたよ。やっとやっとの新装備。別にブルーレイプレーヤーは後日買っても良かったのだが、7/27にパートIテレビシリーズが特典付きでブルーレイ化される情報を得て、んー、それではこの際備えておくか? などと気を回してしまいーの。実はわたくしパートIはリアルタイムでドラマレコード13枚組を買っていたので、その後の映像化商品は買わずに、ファミリー劇場の放送を録画して間に合わせていたのである。勿論Iが一番好きなんだよ。でも、古典であるがゆえに、そんなに気軽に触れてはいけない気がして、資料として持っておくに留めていたのだ。今回買う気になったのは特典のため。この機会に良い映像で手元に置くのもいいかな、と思えたしね。
 明後日来る予定なので、明日は一日テラフォーミングに備えますぞ。で、お払い箱になるであろうブラウン管モニター(異常音を発しながらもまだ映るのだが)には、合掌して引退して頂くことになるのかな。それでまた別件号泣~。

関連記事
スポンサーサイト
前の記事
ブルーレイはっしん!
次の記事
号泣する準備は全然できていなかった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。